FC2ブログ

思わず前のめりになって「わかば」のたい焼きを…。。

昨夜(15日 午後10時45分から)NHK ドキュメント72時間で「東京  老舗 鯛焼き」を新聞で見つけ それに合わせて行動しました(笑)
先日安藤鶴夫の事でこの鯛焼きのこと書いたばかりなので…。

あんこが尻尾迄入っているだけでなく 1個 1個 型で手焼きなんですね。1日役2500個焼いているようです。
東京にもかかわらず 1個 なんと150円!!!
商売が長く続くことは 飲食に関して  まず味  そして価格 それからプラスαが全部揃っていることが条件ではないでしょうか?
それと手をむやみに広げないこと…。屏風と店は広げすぎると倒れる…と聞いたことがあります。
この「わかば」にかんしては プラスαは 手焼そしてほのぼのした接客(1個でも店内でお茶とともに戴けるようですね)
店員も 仕事が終わると行列に並んで買っていましたね。

久しぶりに夢中で見たテレビ番組でした。

昨日うれしかったこと

  大新の桶寿司の「はつかの桜」バージョンのレシピを教えてあげたらさっそく作って「先生  味見を!!」と 。
私のものより 上品な出来上がりで「免許皆伝」いたしました。

  





スポンサーサイト



今日の一言


高慢に空を見て上りゆくものは 多く小石に躓いて倒れる
                                                          斎藤野の人
最近ユーモアということを 私に似合わず深く考える事がある。そんな時この言葉に出会った。

   聞きたくもないものは小説家の小理屈。見たきものは面白きゆーもあ とは高山樗牛の言。そのゆーもあについて論じたのが 斎藤野の人。「日本文学に欠如せる一性格」で ユーモアは喜劇と悲劇の統一である と喝破。ユーモアは常に事物の両面を観察する。そこで標記の言葉となる。
野の人は樗牛の実弟。

なんだかわかったようなわからんような でも一寸だけ分った様な気が…。

ハルミさんに退院が決まってホッとしている私です。施設の皆様食事介助大変でしょうがよろしく…。

   

安藤鶴夫

ふと 思い出したことがある。
「安藤鶴夫」のこと。

ちょっと調べてみたら 60歳で亡くなっている。1969年に。
ということは 私が講演を聞いたのは やはり大学生の時になる…。むかし「文芸講演会」というのがなんかの出版社の後援でありました。
安藤が 四谷にあるタイ焼き屋の尻尾まであんこが入っていると新聞に書いたことで そのタイ焼き屋が大繁盛して 安藤鶴夫のおとうさんが亡くなったときタイ焼き屋の計らいで 江戸っ子の憧れでもある木やりのうたでおくってもらったという ちょいといい話。

私 こういう話大好きです。

安藤…と尊称を付けずに会ったことも無いのに「安藤さん」などと呼ぶほうがもっと失礼でおかしいということ もっとしっかりメディアが書いてほしいですワン。

時々 こんなこと急に思い出すことがあります…。

今日はうれしい事 安心したことがありました。ほんまに えー一日でしたワン。

心配かけまして…。

以前のブログの管理画面に入れなくなり 元気だけがワタクシに 何か…? ハルミさんに ?
理由は以前書きましたが 両方の事が起こっていることも確かです。
ハルミさん 誤嚥性肺炎でまたまたまたまた入院。ボトックスは2月20日ということは 今は 最悪!
ハルミさんの病院へ行こうと思ったら 猶更ひどくなり ハンドル もてません。というより ハンドルから手を放して瞼にいくのです。ですーーーー。 よって タクシー利用してます。

それに忙しいことは 良いことですね。次から次へとやるべき事が降りかかりますから仕事の能力高められますわ。

DSCN1559.jpg

この器に「予算を言いませんから 超豪華なお寿司を8人前お願いします「と注文いただきました。こういう注文 楽しみながら作らせていただきます…。

1日が早い…!!!!  

2月…????もう2月!!!!
1日が早いんですから1か月は当然  早い!!
毎日大仕事はないのに あれこれ小仕事の連続で …・夕方お風呂掃除をするとき「えっ??さっき掃除したような…」というくらいの感覚で1日が過ぎていく。
これで毎日働いている人は…と感心しつつも 「まあ 家事は手抜きしなきゃね」などと意地悪ばあさんになっている自分を発見。
昨日はお寿司 今日は赤飯作って 陣中見舞い。

年金とちょこっと 蟻の涙程の別の収入があるばかりに面倒な申告の時期。
医療費を計算していて 去年のこの時期 手術したんだ…。このことは昨日の事のようではなく はるか昔のような気がして…。これも老化の現象の一つですね。

皆さん今日も 良いことはなくても 昨日のように普通の1日をお過ごしください。
きょういく がありますので 出かけてきます。





プロフィール

はつかの桜

Author:はつかの桜
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
はつかの桜・地図



はつかの桜・サロン
廿日市市平良2-9-30

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR